よくある質問 Q&A

 

出来上がりはどのような感じになりますか?

襟や袖の部分は同じ布を用いて仕立てています。

南木曽ねこのように、首の部分だけ「黒色」だとか、そのような生地の違いはありません。

裏地は主に着物の長襦袢(シミの無い綺麗なもの)か裏地、着物生地を使用しています。

 

冷えは腰が冷えることから始まるため、腰まで温まる長さで仕立てています。(オプションで長さが変えられます)

肩ひもの太さも、ずれ落ちにくく、着用感を感じさせない微妙な厚さにしています。

 

 

 

着用感の違いは?

 ・もめん綿のみ

柔らかな暖かさです。徐々に柔らな温度で背中が温まっていきます。

 

・真綿+もめん綿

適度に厚みがあるので着た瞬間からポカポカしてきます。真綿が入るので、真綿特有のジリジリと暖かい感覚があります。体温を綿で包みこみ冷気を感じさせません。もめん綿は経年変化で固くなります。

 

・真綿のみ

着用感がないのに何故だか不思議と暖かいです。
非常に軽いので、着用感を感じさせません。出来上がりは想像以上に薄いです。

 服の中や制服、着物の下などインナーベストとして着る方は、真綿100%の方が薄いのでお勧めいたします。

夏場の冷房冷えにもお勧めです。

 

・真綿のみ(二倍量以上~、角真綿)

薄い真綿の布団を背負っているような感覚ですが、中綿は真綿100%なので、着用感はほとんどありません。

入っている真綿の量が多いほど、背中からジリジリと熱さを感じられます。
真綿が沢山入っていても、インナーベストとしての厚みは、気にならないほど軽くて薄いですよ。

 

真綿が入っているかどうか、真綿の入る量で、暖かさの感じ具合は全く違ってきます。

又、ウール生地より正絹の生地が若干軽いと思います。

(長年着用すると、真綿の性質上ものすごく細い糸なので、布の織り目から表面に真綿が毛玉のように数箇所出てきます。問題なく使えますので、気にしないで使いましょう。気になる方は両面に二カワ張りの入った真綿二倍量でご注文ください。)

厚さはどれくらい違いますか?

 

左「真綿100%」      右「真綿+もめん綿

重さを測ったところ、真綿+もめん綿は125g  真綿100%のねこは107g

(写真のねこはウールなのでこの重さです。正絹生地のねこは真綿+もめん90g、真綿100%で70gでした)

生地によって軽さは変わってきます

おおまかな厚みを測ったところ、真綿+もめん綿は1センチ 真綿のねこは5ミリでした。

 

これは空気を含んだ状態ですので、実際に着用すると厚さはどちらも気にならない程、薄いです。

 

 

(左)近江真綿二倍量 + 近江角真綿一組  (右)近江真綿100%

 

真綿のねこは、インナーベストとして服の中に着用出来るよう、とても薄く仕上げています。

 

端はしっかりさせるため、綿を折り返して入れていますので少しだけ厚みが出ます。

薄いものをご希望で、柔らかさをお求めでしたら真綿のみをお勧めいたします。

どちらも長く着れば自分の背のかたちに馴染んで薄くなっていきます。

(下、左)真綿+もめん綿 (中)真綿100% (上、右)真綿二倍量+角真綿一組

 

 

 

 

中綿による出来上がりの厚みの差は?

 

薄 ①近江真綿100%  こだわる方に人気です 4500円 (片面がにかわ張りの近江真綿です)

↑ ②近江真綿100%中国産真綿(オプション) 5500円

↑ ③近江真綿100%近江角真綿(オプション) 6000円

↑ ④近江真綿100%二倍量  ←おススメ 6500円

   (表裏両面がにかわ張りの近江真綿になります。長年着用時、生地に真綿が飛び出しにくい利点があります。)

 

  近江真綿100%二倍量+近江角真綿(オプション)おススメ(暖かくてじんわり汗かきます) 8000円

    (両面にかわ張りの近江真綿の中に近江角真綿を挟みます。長年着用時、生地に真綿が飛び出しにくい利点があります。) 

 

  ⑥もめん綿100% 3800円

↓ ⑦もめん綿+近江真綿  ←定番商品 一番人気 4000円

↓ ⑧もめん綿+中国産真綿(オプション) 4800円

↓ ⑨もめん綿+近江角真綿(オプション) 5300円

↓  (この辺りまでは厚みはそこまでありません。服の中に着れます)

厚 ⑩もめん綿二倍量(南木曽ねことほぼ同じ厚さ) 4000円

   (とびぬけて厚くなります。着用感が出ます) 

オプションとして、上記以外の倍量サイズも承っております。

詳しくはお問い合わせください)

 


近江真綿と角真綿の違いは?


近江真綿は片面ににかわで糊付けされた布地状の真綿を使用しています。

説明書きをコピーします。
 ↓

「吹留真綿」の「吹留」とは真綿は馴染むまでとても強く、布の繊維の間から吹き飛ばないように、ニカワを薄く溶いて糊付けしている

 

という意味です。馴染んでくると、そのニカワは溶けてさらに真綿を柔らかくします。最初はごわつく感じがありますが、それが本物の

 

証拠、すぐに馴染んでまいります。

 

 

通常の真綿は長く着用すると布の繊維の間から糸が出てきやすいのですが、この真綿は吹留がしてあるので表面に真綿の毛玉が発生しにくい、という利点があります。

オプションですが、近江真綿二倍量にすると、表面と裏面両方に吹留がしてありますので、長期間綺麗な状態が保たれると思います。

厚みが倍になりますので蓄熱性が高まり、暖かさも増します。

 

 

角真綿は、昔ながらの四角の真綿を四方八方に大きく伸ばして使います。(真綿の布団の作り方と同じです)
真綿のみの半纏、となると角真綿だけだとどうしてもムラが出来てしまいます。

近江真綿やもめん綿の「中綿」としていれるにはこちらの方が空気を含むのでお勧めしていま

す。

 

なみに、ねこ近江真綿二倍量 (6500円)+角真綿三組(1500円×3枚)

み、重さ、着心地、では最上級になります。
(↑羽毛布団並に暖かく、汗かきますよ)

 

 

 

紐の長さは調節できますか?

 

長さの調節は可能です。紐の終わりを半分に折って手縫いで始末してありますので、解いてご自分の長

さに縫い直して下さい。(紐の長さは縫い目の倍の長さにとってあります)

 

 

 

 

肩紐が落ちやすいんです。(なで肩なんです…)

 

カーディガン等の服の下に着てみてください。

一枚上に服をサンドイッチすることで肩紐は落ちず、羽毛ふとんを羽織っているかのような暖かさを感じら

れますよ。

 

 

 

 

 

自宅で洗えますか?

クリーニングに出すことをお勧めしますが、ご自宅でも洗うことは可能です。

その場合はホームクリーニング用の洗剤を必ずご使用ください。

手洗いで、やさしく揉み洗いをし、陰干しをしてください。

(自宅洗濯で不具合が出た際の保証は負いかねます)

 

出来立てのふんわり感を保つ為にもプロのクリーニングをお勧めします。

特に正絹、銘仙の生地や、中綿が真綿100%のものはクリーニングに出した方がいいと思います。

銘仙には色落ちするものや、シワになりやすいものがあります)

 

 

 

 

着丈はどれくらいが良いのですか?

 

ねこ半纏を着て座った状態(コタツに入った姿)で、腰辺りまで覆われる長さがあるとより暖かいです。あま

り長すぎると座った時にシワが付く可能性があります。

 

普段は60センチ程に仕立てています。ほとんどの方はこの長さで大丈夫だと思います。

背の高い方や男性は70センチ前後ぼオーダーが多いです。(その場合は+500円です)

 

不安な方は首筋~尾てい骨までの長さを測ってみてください。

 

 

 

 

新品の生地はないのですか?

 

使用している生地は全て現代にはない風合いの古布を使用しています。

反物でしたら昔の布ではございますが、未使用の生地ということになります。

 

 

 

 

 

洋裁ですか、和裁ですか?

 

現代の着こなしに似合うよう、一部和裁、主に洋裁の技法で仕立てています。ミシン縫い、一部手縫いの

部分があります。

 

 

 

裏はどうなってるの?

 

表の生地に似合う柄や素材を選んでいます。

表地の長さが生地によってそれぞれ違う為、裏地に使用する布の長さも一着ずつ違います。

鮮やかな柄物NGの場合はご連絡ください。

 

 

プレゼントに贈りたいのですが、送り先と支払者が別でも大丈夫?

 

もちろん大丈夫ですよ。その場合、送り状のご依頼主の欄をご注文者様のお名前にすることも可能です。

 

 

 

他のねこ半纏との違いは?

 

「くるむ。包」のねこはんてんは、私なりの理想の形、田舎くさくなく、肩紐がずり落ちにくく、軽くて薄い、そして肩こり持ちでも負担無く着用出来るということを考えながら手作りで製作しています。

街中で着てもおかしくないようなものでつくることを心がけています。

また、中の綿にもこだわっています。

真綿は貴重な滋賀県産の近江真綿を使用しています。

私なりに安心できる素材を選んおります。